ニキビ 汗

汗はニキビ悪化の原因!?汗の影響とニキビ対策をご初回します!

「汗をかくとニキビが悪化する・・」「特に夏場は汗をかくので気を付けよう!」そんな噂を耳にしたことがありませんか?本当に汗はニキビの原因になったり、悪化させるのでしょうか。気になっている方も多いと思います。

 

そこで今回は汗とニキビの関係についてご紹介しますので参考にして下さいね。

 

汗はニキビを悪化させるのか?

汗と言うと、「ベタベタしている」「臭い!」などあまりいいイメージを持っていないかもしれません。しかし汗そのものはほとんどが水分なので臭いもなければベタベタするものではありません。99%は水分で残りの1%が塩分や尿素などとなっています。

 

そのためベタベタする原因となっているのは、肌表面に付着している皮脂にあります。汗かくと皮脂と汗が混ざり合ってベタベタするようになります。これがベタベタする原因です。

 

この汗と皮脂が混ざり合ったものが毛穴に詰まってニキビが悪化すると思われている方もいらっしゃいますが、ニキビの直接的な原因は、肌のターンオーバーが弱まることで肌表面の角質がいつまでも肌にとどまることで角質層がぶ厚くなり毛穴をふさいでしまい、角質や皮脂が毛穴に詰まることで起こります。

 

つまり、角質層の乾燥やターンオーバーの乱れが主な原因となっています。

 

また、夏場にニキビができやすいのは汗を大量にかくからだと勘違いしている方もいらっしゃいますが、夏場にニキビができやすい原因は、紫外線による肌へのダメージや冷房による肌の乾燥などが考えられます。

 

そのため必要以上に紫外線を浴びないようにしたり、紫外線を防ぐためのケアをしっかりおこないましょう。乾燥が気になる方はしっかりと保湿することも忘れないで下さい。

 

もちろん、汗を大量にかいた後は、そのまま放置せずにタオルでやさしくふきとることも大切です。この時タオルでゴシゴシふくのではなくポンポンとやさしく行うようにしてください。強い刺激はニキビを悪化させてしまいます。

 

汗をかくことはニキビに良い影響を与える!

汗をかくことはニキビを悪化させるのではなく、逆にいい影響を及ぼすことが考えられます。汗にはサラサラした汗とじっとりとした汗をかく事があると思います。

 

この違いは汗に含まれる成分の違いが影響しています。サラサラした汗はほとんどが水分で臭いもなくすぐに蒸発して体温を下げる効果も高いと言われています。逆にじっとりとした汗は塩分やミネラルが多く含まれていて臭いの原因となったり蒸発しにくく体温を下げる効果も低くなります。

 

サラサラ汗が良い汗で、じっとり汗が悪い汗と言えます。サラサラ汗は角質層に水分を与えてうるおい効果がアップします。ニキビの原因とされる肌の乾燥から守ってくれるのでニキビ予防には効果的です。

 

また、サラサラ汗は、血行も促進されるので肌のターンオーバーが活性化して、毛穴の詰まりを防いでくれます。こちらもニキビ予防になりますね。

 

サラサラ汗をかくポイントとは?

このようにサラサラ汗はニキビに良い影響を与えることが分かっていただけたと思います。ではどうすればサラサラ汗をかくことが出来るのでしょうか?

 

それは普段から体を動かす習慣を持つことです。例えば30分未満の軽いジョギングやウォーキングなど発汗を伴う運動を行なったり、お風呂にゆっくり入って汗をかいたり、サウナや今はやりの岩盤浴で汗を流すなどがお勧めです。

 

このように普段から汗を出す週間を身に着けていると、サラサラ汗をかきやすくなります。逆にまったく汗をかかない生活習慣を送っているとじっとりとした汗をかきやすくなるので注意して下さい。

 

サラサラ汗をいっぱいかいてニキビ予防にがんばって下さい!