ニキビ オロナイン

オロナインでニキビが治る?その効果と間違った使い方とは

オロナインは大塚製薬さんから発売されている皮膚用抗菌軟膏剤薬です。誰もが一度は使ったことがあるぐらいに有名な商品ですね。そんなオロナインでニキビが改善するのでしょうか?気になるその効果と使い方をお伝えしますのでご参考にして下さいね。

 

オロナインのニキビへの効果とは?

オロナインの効能には、ニキビが明記されていますのでニキビに対して一定の効果が期待できます。オロナインに配合されている有効成分の「クロルヘキシジングルコン酸塩液」は殺菌・消毒効果のある成分なので、赤く炎症を起こしたニキビには特に効果を発揮します。

 

赤く炎症を起こした状態のニキビは、毛穴の中でニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖した状態です。そのため炎症が進行して触ると痛みを感じることもあります。オロナインを塗ることで、増殖したアクネ菌を減らして肌の炎症を鎮めてくれます。

 

但し、これはあくまで一時的な対処法なのでオロナインで症状を抑えている間にもニキビの根本的な原因に対して手を打って行かないと何度も繰り返しニキビが発生することになります。

 

オロナインは副作用の心配もほとんどありませんが、もし刺激やかぶれなどの異常が起こった場合には使用を中止してくださいね。

 

間違った使い方とは?

赤ニキビなどの既に炎症を起こした状態のニキビに対しては一定の効果が期待できますが、白ニキビや黒ニキビなどのアクネ菌が増殖しておらず炎症も起こしていない状態ではオロナインを塗っても効果があまり期待できません。

 

その理由としては、白ニキビや黒ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まっただけの状態だからです。まだアクネ菌の増殖や炎症が起こっていません。

 

この状態でオロナインを塗ってもあまり効果が期待できません。なぜなら白ニキビや黒ニキビの原因が菌の増殖ではないからです。

 

ニキビは毛穴に汚れが詰まることで白ニキビができやすくなり、その後、白ニキビが酸化することで黒ニキビとなります。この場合には、毛穴に詰まった皮脂汚れを洗顔などでキレイにする方が効果的です。

 

その後、白ニキビ、黒ニキビを経て最終的にはアクネ菌が増殖して炎症を起こすことで赤ニキビへと変化します。赤ニキビに効果があるからといって必要以上に塗りすぎたり、改善の様子がないのにずっと使い続けることはさけましょう。

 

その他にも、茶色く色素沈着したニキビ跡や、凸凹のニキビ跡にも効果がありませんのでオロナインを使うのは避けた方がいいです。オロナインは万能薬のようなイメージがあるので何でも治ると間違った認識を持っている方もいらっしゃるかもしれませんのでご注意ください。

 

根本的なケアでニキビを撃退しましょう!

オロナインが効果的なのは「炎症を起こした赤ニキビ」ということをお伝えしました。しかし、オロナインでのケアはあくまで対処療法的なアプローチです。一時的に炎症を抑えてニキビを鎮めることが出来ても完全に完治さることは難しいです。またすぐに新しい赤ニキビが発生することも多いようです。

 

そのため、いつまでもニキビを繰り返すことが多くなかなか完治しません。したがって根本的なケアでニキビを撃退することが重要です。

 

そもそもニキビ発生の原因は「毛穴の詰まり」です。毛穴が詰まる理由としては、偏った食生活や寝不足、ストレスなどによる皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れによって角質層が厚くなり毛穴が詰まりやすい肌環境になってしまいます。

 

そのため皮脂の過剰分泌は肌のターンオーバーの乱れが起こらないように日頃から規則正しい食生活や生活習慣を心がけることが何より大切です!