ニキビ うつる

ニキビはうつるのか!?ニキビがうつらないか心配しているあなたへ

ニキビのある人に近づいたり、肌に触れたりすると自分もニキビがうつると心配されているかもしれませんね。しかしニキビがうつることはないので安心して下さい。

 

とは言ってもどうしてうつらないと言い切れるのか?と心配されているかもしれないのでもう少し詳しくご説明させて頂きます。ニキビがうつると心配されている方は参考にしてみてください。

 

ニキビの原因とうつらない理由とは?

そもそもニキビの原因は何でしょうか?それは、肌のターンオーバーの乱れや皮脂の過剰分泌により毛穴に古い皮脂が詰まることで毛穴の奥に潜んでいるニキビの原因菌とされるアクネ菌が増殖することでニキビが発症します。

 

ニキビ発症のポイントは、毛穴が皮脂で詰まること、アクネ菌が毛穴に詰まった皮脂を栄養にして増殖することです。この2つのポイントによってニキビは発症します。

 

ニキビが移らない理由としては2つのことが考えられます。まず1つ目の理由としては、アクネ菌は嫌気性の雑菌なので酸素を嫌います。したがって酸素の届かない毛穴の奥深くに潜んでいます。なので空気感染や手で触ったぐらいでは簡単にはうつりません。

 

もう一つの理由としては、他人の肌にあったアクネ菌が何らかの理由で自分の肌に移動したとしてもアクネ菌が毛穴に入り込んで増殖しなければニキビが発症することはありません。

 

先にもお話ししたようにアクネ菌は酸素を嫌いますし、毛穴に古い皮脂が詰まった状態で無ければ増殖しません。アクネ菌のエサとなる皮脂が毛穴になければ増殖することはありません。そのためアクネ菌が他人から移動したとしても影響はほとんどありません。もっと言うと元々あなた自身の肌にはアクネ菌が存在していますから他人のアクネ菌が付着しても大丈夫です。

 

うつると勘違いする大きな理由とは?

そうは言ってもニキビのある人と付き合うようになってから今までなかったはずのニキビが気になりだしてきた・・・。と感じている方がいらっしゃいます。その場合は、ニキビがうつったのではなくて、ニキビができやすい肌環境になってしまったという方が正解かも知れません。

 

もう少し詳しくお話ししますね。ニキビができやすい肌環境とは、暴飲、暴食やストレス、寝不足などの影響からくるホルモンバランスの乱れによって肌のターンオーバーが乱れて肌表面に古い角質がいつまでも滞ってしまったり、皮脂の過剰分泌が起こることで毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態です。

 

特定の人と付き合うようになったタイミングでそのような肌環境になってしまった場合にニキビが発症するリスクが高くなります。このことがニキビがうつったと勘違いする大きな理由の一つになっています。

 

これはニキビがうつったのではなくて、ニキビができやすい肌環境になってしまったことがニキビ発症の原因です。したがって、心当たりがある方は生活習慣の乱れを修正して、暴飲暴食をさけるように心がけるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。ニキビはうつらない理由は分かっていただけたでしょうか。それでも心配な方は、メイク道具や化粧品の貸し借りやタオルやまくらを一緒に使うような行動は避けるようにするといいですよ。アクネ菌や雑菌が移動する原因となりますからね。

 

でも必要以上に神経質にならなくても大丈夫です。基本的にはニキビはうつりませんから。それよりもニキビが発症しやすい肌環境にならないように普段から洗顔と保湿をしっかりすることで清潔な肌環境を保つようにしましょう。

 

肌のターンオーバーが正常で皮脂の過剰分泌が起こらなければ毛穴が詰まってアクネ菌が増殖する心配もありません。日々のお手入れが大切です。