ニキビ イソジン

イソジンでニキビが改善するって本当なの!?気になるその真相とは?

イソジンと言えばだれもが想像するのがうがい薬ですね。そのイソジンがニキビに効果があるという噂がネットで広がっています。そんな裏ワザがあったのか!と気になっているかもしれませんね。

 

結論から言うとニキビへの効果は期待できます。そんなイソジンのニキビへの効果について詳しく解説させて頂きますのでご参考にしてみてください。

 

イソジンは殺菌効果が優れているのでニキビに効果的!?

一般的に知られているのがうがい薬のイソジンですが、イソジンには有効成分の「ポピヨンヨード」とうヨウ素に含まれる抗微生物成分が配合されています。

 

ヨウ素は海のミネラルとも呼ばれており、ワカメなどの海藻類に多く含まれる成分です。そのため、ヨウ素を含む食材でアレルギーを起こしたことがある方は、イソジンは避けた方がいいです。アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

さて、イソジンのニキビへの効果は、個人差はありますが、有効成分のポピヨンヨードの殺菌作用によってニキビの原因菌とされるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌する効果が期待できます。しかし、製造元の明治株式会社は皮膚への使用を認めていませんのであくまで自己責任でお願いします。

 

イソジンの使い方と注意点とは?

イソジンは刺激が強すぎるので原液での使用は避けた方いいです。殺菌力の強いイソジンの原液を直接肌に塗ると肌荒れの可能性が高くなります。そのため5倍~10倍にうすめたイソジンを綿棒やコットンに含ませてニキビに塗布します。敏感肌の方はうすめたイソジンでも刺激となるので避けた方がいいです。

 

あとくれぐれも患部を清潔な状態にしてからイソジンを塗布するようにしましょう。この時汚れがあると殺菌力が低下することがあります。

 

また、白ニキビや黒ニキビなどのようにニキビの初期状態の場合には菌の働きも活発ではないためイソジンを塗布してもあまり意味がないので避けましょう。それよりも洗顔と保湿をしっかりおこない肌を清潔に保つことが重要です。

 

赤ニキビや黄色ニキビのように菌の増殖が活発になっている場合にはイソジンを塗布する事で菌を殺菌・消毒する作用が期待できます。このとき、かゆみやかぶれなどの異常を感じた場合には直ぐに使用を中止して下さい。

 

イソジンにはうがい薬の他にも、すり傷ややけどに使用するイソジン軟膏も発売されています。そちらの方の有効成分もポピヨンヨードなので同じ効果が期待できます。うがい薬に抵抗がある場合には、そちらの軟膏の方がいいかもしれません。軟膏の場合もかゆみやかぶれなどの副作用が出る可能性もありますが、肌に塗るための薬なので変にうがい薬のイソジンを使うよりは安心です。

 

但し、イソジン軟膏もすり傷ややけどの殺菌・消毒用に開発された軟膏なのでニキビに対する効果は公表されていませんし、推奨もされていませんのでその点はご理解ください。

 

まとめ

いかがでしょうか。イソジンのニキビへの効果と使い方などをご紹介しました。イソジンの有効成分「ポピヨンヨード」は世界120ヶ国で使われるほど有名な成分です。その殺菌力がニキビの原因菌とされるアクネ菌やマラセチア菌に対して効果が期待できることをお伝えしました。

 

しかし、あくまでも殺菌効果があるだけで、ニキビの炎症を抑えたり、皮脂の過剰分泌を抑制する働きはありません。したがってしばらく使用して効果がなければ中止してニキビ用の治療薬を試す方が早いと思います。

 

販売元の明治株式会社も皮膚への使用は認めていませんので試す場合はくれぐれも自己責任ということを忘れないで下さいね。

 

効果や副作用が心配な方はイソジンの使用は避けて、ニキビ用に開発されたニキビ治療薬の使用を強くお勧めします。